書籍名:GTDを習慣化してシンプルなタスク管理を実現する! 

GTDを習慣化してシンプルなタスク管理を実現する! 

著者:nomico

定価:本体価格480円+税

Outline書籍の概要

「情報整理大全」は、情報整理環境の大きな変動の中で、いま改めて「自分の情報整理体制」を検討する人たちの「再構築のプロセス」を、現在進行系でまとめた電子書籍シリーズです。「情報整理で人生が変わった」と感じている著者たちが、情報整理ツールを徹底解剖し、独自の視点で語っていきます。

シリーズ第4弾の『GTDを習慣化してシンプルなタスク管理を実現する!』は、2022年1月7日(金)発売です。


本書は、GTD公式アンバサダーが、情報整理のうちタスク整理の一つとして、タスク管理のGTDの概要及び実践方法を述べたものです。

GTD(Getting Things Done)はアメリカの経営コンサルタントであるデビッド・アレンが提唱しているタスク管理手法。
数をこなしつつ、ストレスフリーが可能になるとして、ホワイトワーカーに絶賛されています。
本書では、デビッド・アレンも監修しているツール、OmniFocusを用いた実践方法をご紹介。

GTDの考え方から、OmniFocusのインストール方法とその使い方まで丁寧に説明されている本書は、初心者にも実践しやすいのが特徴です。
それは、タスク管理で苦労し、GTDに出会って救われた著者自身の経験が元になっているからに他なりません。
同じように苦労している人を救いたい、という思いから生まれたのが本書です。

ひとたび本書に従ってマスターすれば、一生使えるタスク管理術となるでしょう。

ビジネスパーソンのストレスを、確実に減らしてくれる一冊です。
情報整理を考察するシリーズ第4弾。

Contents目次

0.情報過多に最適なタスク管理術とは?
・情報整理もといタスク整理を始めたきっかけ
・作者の自己紹介
・対象読者
・この本の読み方について
1. GTDとは?
1.1. GTDとは、忙しい現代人に適したタスク管理
1.2. 5つのステップと6つのカテゴリ
1.2.1. 「把握する
1.2.2. 「見極める」
1.2.3. 「整理する」と6つのカテゴリ
1.2.4. 「更新する」
1.2.5. 「選択する」
1.2.6. 各ステップは、各々適宜実行する
2. OmniFocusのインストール及び名称
2.1. OmniFocusのインストール
2.2. 画面構成
2.3. インボックス項目、プロジェクト、グループ、アクション、フォルダ
2.3.1. 項目を表示するにはパースペクティブを用いる
2.3.2. パースペクティブから表示できる項目
3. OmniFocusでGTDを実践する
3.1. 用いるツール
3.2. GTDの6つのカテゴリの割り当て方
3.3. 事前準備
3.4. 「把握する」
3.4.1. OmniFocusで把握する
3.4.2. iPad/iPhoneのリマインダー機能を経由して、把握する
3.4.3. Apple Watchのリマインダー機能を経由して、把握する
3.5. 「見極める」
3.6. 「整理する」
3.6.1. プロジェクト − OmniFocusのプロジェクト
3.6.2. カレンダー − iOSカレンダー項目
3.6.3. 次にとるべき行動 − OmniFocusのアクション
3.6.4. 連絡待ち − OmniFocusの「連絡待ち」タグ付きアクション
3.6.5. 保管 − OmniFocus以外の保管システム
3.6.6. いつかやる/多分やる − OmniFocusのSomedayプロジェクトのアクション
3.7.「更新する」
3.7.1. 随時更新する
3.7.2. 週次レビュー
3.8. 選択する
最後に、GTDとの付き合い方
APPENDIX OmniFocus補足説明
アクションとプロジェクト
アクションの詳細項目と操作
パースペクティブ
参考資料

著者プロフィール

nomico(のみこ)

IT系職に従事。公式GTDアンバサダー。
プログラマを経てシステムエンジニアに従事中、タスク管理で悩んでいたところにGTDと出会い、
助けになった所で布教活動に勤しんでいる。
GTD勉強会は通算52回実施し、gihyo.jpでGTDの連載記事も寄稿した。